cad549fc

【東京】「撃とうぜ!かめはめ波!」…渋谷パルコで体験イベント、「スカウター」で「戦闘力」を算出し、大きさも変動

 渋谷パルコ(渋谷区宇田川町)公園通り広場で2月5日、「かめはめ波」を撃つ体験ができる「撃とうぜ!かめはめ波!武道会」が始まった。

 2人で体験すると撃ち合っているような映像も見ることができる

 「ドラゴンボール」シリーズに登場する必殺技の一つ「かめはめ波」を撃っているかのような体験ができる同イベント。同日発売されたプレイステーション4用ソフト「ドラゴンボール ゼノバース」を記念したもので、装置は同イベントのために開発した。

 始めに、作中に登場する道具「スカウター」をイメージした測定モニターで「戦闘力」の測定を行う。体験者がモニターの前に立つと、備え付けたカメラで推定年齢や性別を判別。加えて「気合顔(=怒り顔)」を顔認証技術で自動測定し、「戦闘力」を算出(5~99万9999)する。女性より男性の方が高くなるように設定しており、子どもは一定以上高くならないが、「頑張れば」大人と同じくらいまで上昇するという。数値などはモニター上に表示されるようになっている。

 「かめはめ波」を撃つ装置には、全長9メートル強のインタラクティブスクリーン(LEDディスプレー)とモーションカメラを設置。両手首を合わせたまま手を右半身に持ってくる動作をモーションカメラが察知すると、気をためている状態の青い球体の映像がディスプレー上に登場。両手を一気に突き出すことで、動作に合わせ「かめはめ波」の映像がディスプレーに表示されるようになっている。

 「かめはめ波」の種類は6種用意しており、「戦闘力」のほか、気をためている時に膝を曲げて腰を落としたり、3秒以上ためたりすると幅のある大きな「かめはめ波」を撃つことができるという。体験時間は1人当たり30秒用意しているため、時間内であれば何発でも撃つことができる。背景は作中に登場する「天下一武道会」会場、「ナメック星」など5種類をランダムで表示する。「決めぜりふ」がディスプレーに表示されると体験時間は終了。

 2人同時に体験することも可能で、2人の動作のタイミングが合うと撃ち合っているような映像が表示される。「かめはめ波」が相手に当たれば「勝ち」となる。

 開催時間は11時~20時(受け付けは19時まで)。参加無料。同8日まで。荒天時は中止の場合あり。参加者には、「かめはめ波」を撃っている様子を収めたデジタル画像・動画が見られる QR コードを記した紙とオリジナルステッカーを進呈する。

写真=体験者の動作に合わせて「かめはめ波」の映像を表示する
写真=2人で体験すると撃ち合っているような映像も見ることができる
写真=両手首を合わせたポーズで気をためることができる
写真=「スカウター」をイメージしたモニターで「戦闘力」を測定する

http://www.shibukei.com/headline/10640/


<この記事への反応>

しょっぼw

 

CGが予想外にショボかった

 

小学生でもこんなの喜ばないだろ

 

これはショボイなあ。でも発想はいい。
こないだマイクロソフトが発表した立体メガネを二人でかけて撃ち合いしたら面白そう

 

自分で見れねーじゃん。自分視点にしろよ

 

面白そう
一回はやって見たい

 


Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す