main_large

【アニメ】 『妖怪ウォッチ』テレ東社長が期待 「息の長い商品に」

 テレビ東京の高橋雄一社長は29日、東京都内で社長会見を開き、自局で放送している人気アニメ「妖怪ウォッチ」について、「(妖怪ウォッチは)何年かの単位で見るとありがたいものになる。
 ポケモンや遊戯王などと並ぶコンテンツになると見ている。4月以降、どれだけ息の長い商品になるか」と期待感を示した。

 会見で高橋社長は「(売り上げなどは)具体的には申し上げられないが、経営的にはありがたい」といい、「ロイヤリティー収入など1~3月でようやくまとまった入金がある」と明かした。
 今後は海外への配信収入なども見込め、「あの作品の特性がこれから海外でどうなるか」と期待に胸を膨らませていた。

 「妖怪ウォッチ」は小学生を中心にアニメやゲームが大ヒットしている人気コンテンツ。
 不思議な時計を手に入れた少年が、日常に潜む妖怪と仲間になって、さまざまな問題を解決していく作品で、テレビアニメはテレビ東京系で14年1月から放送中。
 「DX妖怪ウォッチ」や「妖怪メダル」などのグッズが品不足になるなど話題を呼んでいる。

http://mantan-web.jp/2015/01/29/20150129dog00m200078000c.html


<この記事への反応>

さよならピカチュウ

 

妖怪はブームにこそなったけどそこまでの長生きはムリだろ

 

イナイレもダン戦もさっぱり聞かなくなったし
来年まで持てばいい方だろうな

 

ポケモンみたいに異国の人達に受けるかね?

 

そもそもレベルファイブはそういう売り方じゃないだろ

 

ポケモンが出てきた時、息の長い商品になるかとか、考えた事なかったな。

 


Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す