94f2b52c01c50dd6a91e5128772bde26

「孤独のグルメ」年内に18年ぶりの第2巻出版!

 中年男性が独りで食事するシーンを淡々と描いてブームとなった漫画「孤独のグルメ」(扶桑社)の第2巻が、今年中に出版される見通しとなった。
 1997年に第1巻が出版されて以来、18年ぶり。原作者の久住昌之氏(56)が、毎日新聞のインタビューで明らかにした。

 「孤独のグルメ」は、久住氏が原作、谷口ジロー氏が作画を担当し、扶桑社の「月刊PANJA」(休刊)に94?96年に連載された。連載終了後の97年、掲載作をまとめた単行本が出版されたが、3刷で絶版となっている。

 2000年に文庫化されてからは増刷を重ね、08年には新装版として「復刊」、ロングセラーとなった。
 12年にはテレビ東京がドラマ化。俳優・松重豊さん演じる五郎の豪快な食べっぷりが人気を呼び、シーズン4まで放送されている。

 独身の輸入雑貨商である井之頭五郎が仕事で外出した帰り、気になる店で独り食事を楽しむというストーリー。実在する店が舞台になっていることから、五郎が訪れた店を訪ね、五郎と同じメニューを注文して同じセリフをつぶやく「五郎ちゃんごっこ」がファンの間に広がった。
 また、ドラマが深夜帯の放送だったことから「夜食テロ」という新語も生まれた。

 久住氏はインタビューで、人気の背景やドラマ化の裏話、自身の子どもの頃の「食」にまつわる思い出も語っている。

 「孤独のグルメ」第2巻は、08年から週刊「SPA!」に断続的に掲載されたものをまとめる。久住氏によると、谷口氏は「1コマに1日かける」ほど精密な画風で知られ、まとまった本数に達するのに時間を要したという。
 ファンにとっては18年間、待ちに待った新刊となりそうだ。

 「孤独」ブームは海外にも及び、漫画はすでにイタリア語、フランス語、スペイン語など8カ国語に翻訳された。
 今年中の中国本土での出版が決まったほか、デンマークとポーランドでの出版準備も進んでいるという。
【元村有希子@chibigenome/デジタル報道センター】

孤独のグルメ新装版
孤独のグルメ新装版

http://mainichi.jp/feature/news/20150126mog00m040004000c.html


<このコミックへの反応>

やっとか
ずっと待ってたぞ

 

外国人が読んで面白いのか?

 

そんな昔の漫画だったのかコレ

 

孤高と孤独の戦い

 

実在の店がモデルといっても、時間がたってるから結構閉店してるのが多いのが残念

 

ドラマで行った寂れた雰囲気の店が行列できてしまうとか興ざめなんだよな

 


Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す