シンドバット

【アニメ】日本アニメーションと白組がタッグ、新作映画『シンドバッド』7月公開

 古今東西、多くの映画やアニメの題材となってきた『アラビアンナイト(千夜一夜物語)』。
 8世紀ごろにまとめられたこの冒険物語から手塚治虫製作総指揮の『千夜一夜物語』や、ディズニーの名作『アラジン』が誕生。その『アラビアンナイト』の中でも最も有名な物語のひとつ「シンドバッド」を題材にした新作アニメ映画『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』が7月に劇場公開される。

 船乗りになり、未知の世界へ旅することを夢見るシンドバッドと猿のミミ。そこに現れた空かける木馬に乗る少女サナ。「風が変わった…」。二人がそうつぶやいたとき、世界が動き始める。

 同作の制作は、「世界名作劇場」シリーズや『ちびまる子ちゃん』などの名作を生み、今年創業40周年を迎える日本アニメーションと、3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』で成功した白組のタッグ。
 作画監督に、スタジオジブリの『となりのトトロ』『魔女の宅急便』を手がけた佐藤好春氏を迎え、シリーズ構成はNHK・BSプレミアムで放送中の『山賊の娘ローニャ』を手がけた川崎ヒロユキ氏、監督は『ドラえもん のび太の恐竜2006』を演出した宮下新平氏が務める。

■公式サイト
http://www.sinbad.jp

http://www.oricon.co.jp/news/2047693/full/


<この映画への反応>

今何時?

 

70年代風なのかマギ風なのか
まさか3Dなのか

 

川崎ヒロユキって、非常に手堅いんだけど今ひとつ盛り上がりに欠けるところがある

 

白組の成功がほんとごく最近のドラえもんといわれるとなんかのどに小骨の引っかかったような感じになる

 


Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す