声優グランプリ

【雑誌】「声優グランプリ」最古参のぶれない「総合誌」

 アニメやゲームに登場するキャラクターの声を担い、また近年はコンサートなど表舞台への露出も増えている声優。数ある専門誌の中で最古参なのが、平成6年創刊の同誌だ。

 2月号の表紙を飾るのは、6年連続で紅白歌合戦に出場した人気声優の水樹奈々さん。そのグラビアを中心とした巻頭特集をはじめ、大勢の声優のインタビューやライブのリポートが、たっぷり詰め込まれている。

 「若い子には決して安い価格ではないので、できる限り多くの情報を盛り込むことで満足してもらえれば」と話すのは、広島順二編集長(35)。後発のライバル誌がジャンル特化を図る中で、「現在の声優の主な仕事であるアニメに限らず、吹き替えや歌手活動など、業界全体を見ていろんなところを取り上げる。それが創刊時からの理念」と、“声優総合誌”の編集方針は揺るがない。

 10~20代を中心に、全国に数十万人はいるとされる声優ファンだが、最近は女性も増えている。「2年前、女性向け人気アニメの男性声優5人を表紙にしたところ、大反響で完売しました。その号の購入者は約85%が女性でしたね」

 編集長が見た声優ファンの気質は、男女で大きく異なるという。「男性ファンは、新しい女性声優が出てくると比較的すぐ乗り換える。一方で女性は、一度ファンになるとその人の商品を根強く買い続けます」。なるほど、これはアイドルファンなど、類似の趣味ジャンルでも共通する傾向かもしれない。(主婦の友インフォス情報社、2月号・1167円+税)

 磨井慎吾

lif1501210008-p1

http://www.sankei.com/life/news/150121/lif1501210008-n1.html


<この記事への反応>

若本規夫・千葉繁さん・井上和彦さん・麦人さん特集記事・グラビアはよ

 

値上げしすぎ

 

値上げしても売り上げに影響がないと強気になれる業界だから

 

雑誌を買うのは女だからな
男に媚びて女性声優を入れても売り上げはそんな伸びない

 

毎回表紙が気持ち悪くて見る気にならない

 

表紙が気持ち悪いとか言ってる人が買うような雑誌ではありません

 


Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す