東京ビックサイト

【コミケ会場問題】東京都が仮設施設を限定措置!コミケなどの救済策で

東京ビッグサイト、コミケなど救済策 19年に仮設施設

 
<記事抜粋>

東京ビッグサイトが2020年東京五輪・パラリンピックでメインプレスセンターと国際放送センターとして使われることに伴い、都は23日、臨海部に仮設施設を設けることを明らかにした。

19年4月から1年間の限定措置。

都によると、仮設施設はりんかい線東京テレポート駅近くで、現在臨時駐車場として使用している都有地(約3万7千平方メートル)の一角に整備する。
展示面積は約2万4千平方メートルになる予定だ。

このほか、ビッグサイト内に都が新設する拡張棟の完成予定も19年12月末から同6月に前倒しすることと合わせて、大会準備で同年4月以降使えなくなる見込みの展示面積約5万平方メートルのうち9割を補えるという。施設は20年春から大会終了まで全面的に一般利用ができなくなる予定だ。

コミケC893日目

全文を読む


 
<ネットでの反応>

おおお! 行政が動いた!!

 

延べ床面積が足りないと言う話だけれど、コレはやはりコミケ開催を分割して行うことになるのかな?

 

わざわざ仮設施設を建てるくらいなら、東京都の方がそっちを使えば良いじゃんか。なんで東京ビッグサイトを占領する事前提になってんだよ。しかも、敷地面積はあっちの半分って、何様だ?

 

?仮設施設って仮設の箱物作るって事か? それなら規模縮小でも地方行脚した方が良いのでは?
東京から逃がしたくない重要コンテンツと伺える。

 

コミケのオリムピック対策が出てきましたね。中止にならずに済みそう。
さて、その仮設の導線やらどうなるのか。

 


 
とりあえず中止は避けれたか

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

「【コミケ会場問題】東京都が仮設施設を限定措置!コミケなどの救済策で」への1件のフィードバック

  1. 仮設だと設備ショボイから晴海の新館2階なみに暑くなりそうな予感

コメントを残す