巴マミの平凡な日常03

『まどか☆マギカ』新房監督「早く新作のシナリオを決定稿に持ち込みたい。何度もいうけどアラサーマミさんをアニメ化したい」

まんがタイムきらら☆マギカVol.24より

まどか☆マギカ新房監督「早く新作のシナリオを決定稿に持ち込みたい。何度もいうけどアラサーマミさんをアニメ化したい」

新房監督と久保田シャフト代表取締役のインタビュー

新房「(コンセプトムービーについて)[新編]から2年以上経つのに、なんの音沙汰もないのも良くないな、と。
このままじゃ、ファンのみなさんにもそろそろ忘れ去られちゃうんじゃないか?という不安が少しあったので
そうなってしまわないように『やってますよ』というのを、みなさんに具体的な形で見せたかった」

久保田「今のところではコンセプトムービーで見せた映像の元になるものは進行していて、
僕らとしてそれをどういう形で次回作にしていくか、という事に向けて走っています。」

新房「早く新作のシナリオを決定稿に持ち込みたいです。
あと、関係者から許可が出たら、アラサーマミさん(巴マミの平凡な日常)をアニメ化したいです。これ、何度も言ってますけど、本気ですから

 

以前から新房監督は「僕はアラサーマミさんをアニメにしたい」と言っている

 

2014年4月のインタビュー
僕はアラサーマミさんをアニメにしたい (1)

 

2014年8月発売のコミック

僕はアラサーマミさんをアニメにしたい (2)

新房昭之総監督しょんぼり…
アラサーマミさんアニメにしたいって言ったら怒られました。


 

アラサーマミさんシリーズ
アラサーマミさんシリーズとは、魔法少女まどか☆マギカを題材とした二次創作漫画作品である。
作者は新米(あらたまい) 。

あれから幾年月、派遣社員として日々を生きるアラサー巴マミの自堕落気楽な日常生活と、他の魔法少女達は皆結婚し、自分だけが独身という悲哀を描いた作品。

重曹でソウルジェムの濁りがとれてしまう(故にそれを知らなかったマミ以外は皆魔女狩りを引退してしまった)、マミが通販で”化粧品”(正体はお察し)を注文するなど、方向性は純然たるギャグだが、その生活描写が同年代には刺さるかもしれない。

2012年4月30日のCOMIC1で頒布された「巴マミ19年後の黄金週間」の裏表紙にて、芳文社が発行する専門雑誌「まんがタイムきらら☆マギカ」での連載開始が告知された。

現在「巴マミの平凡な日常」という題で「まんがタイムきらら☆マギカ」で連載中。仕切り直しになっており、再び17年後(ただしマミはまだ31歳)から物語は始まる。ほむらの夫など、いくつか設定の変更が見られる。

アラサーマミさん (1)

アラサーマミさん (2)


 
<ネットでの反応>

ダメです

 

では、同時上映で

 

処女厨が全力で叩く

 

決定稿に持ち込みたい。
という事は一歩手前ていうことかな?

 

新作がさらに確定的になったわけだから大抵の人には朗報なんだろうけど、
正直言って決定稿はもう上がっていてほしかった
だってTV版まどかも叛逆も、決定稿が上がってから放送・公開されるまで2年以上掛かってるんだもの…
つまり、まだ決定稿が出来ていないということは、これまで通りのペースだと
少なくともあと2年、決定稿の進捗によっては3年以上待たされるということに…
アラサーマミさん作ってる場合じゃないぞ

 

俺はもう新作確定とわかっただけでも大満足だよ
明日きらマギ見るのが楽しみだ

 
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/anime2/1454423967/


 
新作は確定的か!
このインタビューの一番のポイントはそこだよな

アラサーマミさんは乳首見えるしアニメ化してくれたら嬉しいけど


 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す