オーバーロード

2015年アキバで最も売れた売れたラノベランキング!1位オーバーロード、2位ダンまち、3位ゲート

[2016年ラノベ市場展望]ネット発小説の拡大続く 紙書籍と「住み分け」

 
<記事抜粋>

出版不況の中で唯一の“成長分野”とされる、若者向けのイラスト付き小説「ライトノベル」も、2年連続減の約225億円(出版科学年報調べ)となり、縮小傾向だ。そんな中で、昨年に続きインターネット発の作品が伸びているという。

ライトノベルのコーナーが充実している東京・秋葉原にある書店「書泉ブックタワー」。同店で売れたライトノベルシリーズ別の売り上げランキングによると、2015年の年間ランキング(2014年12月1日~2015年11月30日)は、

1位が丸山くがねさんの「オーバーロード」だった。
2位は「例のヒモ」が話題になった大森藤ノさんの「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)」で、
3位は「ゲート」だった。

トップ3はもちろん、トップ10のうち7作品がネット発の小説だ。

 また、ネット発小説が人気になると、紙媒体に展開しても売り上げが落ちると考えていたところ、今は違う流れになりつつあるそうだ。ウェブ発小説が紙媒体で発売されると、書き下ろしエピソードを追加したり、挿絵を入れたり、読みやすいようにページの構成を変えることで、もう一度読む価値が生まれて売れるようになったという。つまり作品を発表するネットは「試し読み」の役割を果たし、お気に入りの作品を紙媒体で購入して楽しむという「住み分け」ができつつあると指摘している。

ラノベランキング

全文を読む


<ネットでの反応>

「りある」なるものでは本当に世界征服しちゃいましたね。流石はアインズ様。

 

ダイジェスト版とかが逆効果っていうのは、こういうことか。
確かに、気に入った作品ならネットで一度読んでも紙で買うもんな。

 

オバロの事かな?って思ったらそのままだったw
ネットと紙で内容(結末)が違うって聞いたけどそうなの?

 

ネット発は人気作が出版化されるから支持層購買があるんだよな、画一化は別にネット以外も同じだし

 

ネット発だ予め内容を知ったうえで書籍化された時に買うかどうか決められるから好きだわ。

 


 
なるほど

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す