艦これ改672

【コミケ】C89でサークル数の多い作品 艦これ>刀剣>東方>アイマス>ハイキュー>黒バス>弱虫>ラブライブ

コミケとpixivの二次創作人気を調べてみた(コミックマーケット89編

<記事抜粋>

コミックマーケット89でサークル数の多い作品
コミックマーケット89のWeb・冊子・DVD-ROMの各カタログを参考に、各作品の二次創作サークルの数を概算したもの。調査方法は前回参照。正確な数字は求めるのが困難のため参考程度に。グラフが青いのは男性サークル寄り、赤いのは女性サークル寄りの作品。VOCALOID・スプラトゥーンは中間程度のため紫とした。また参考にコミックマーケット88のサークル数を灰色で示している

 

今年1月にスタートしたブラウザーゲーム「刀剣乱舞」は予想通り大きく拡大。単独ジャンルコードを与えられた初回で、1700サークルを超えて東方Projectを抜き今回のコミケ第二の規模の作品となりました。

「東方Project」も予想通りに久々に増加。
増加を予想していた「血界戦線」は200超の増加。
ゲームで話題になった「スプラトゥーン」も50サークルほどに増えています。
微減を予想していた「ラブライブ!」はほぼ現状維持の微減。

「艦隊これくしょん」は今回微増。
「ヘタリア」「VOCALOID」も予想以上にサークル数を落としています。

ほかではTYPE-MOONの「Fateシリーズ」が微増で相対的に順位を上げています。アニメ放送および新作ソーシャルゲーム「Fate/Grand Order」スタートの影響でしょうか。

以下、「グランブルーファンタジー」「ワールドトリガー」「ダイヤのA」「銀魂」「魔法少女まどか☆マギカ」「戦国BASARA」などのサークルが多くみられました。

 


 

コミックマーケット89の作品ごとのジャンルコード別サークル数
グラフ2と同様の各作品のサークルの数を、申込みジャンルコードについて通常誘導される該当ジャンルコード、男性向、それ以外(コスプレ等)で分けた積み上げグラフ。前回同様「艦隊これくしょん」「アイドルマスター」「ラブライブ!」で男性向での参加が多い。また「男性向」中3位の「グランブルーファンタジー」を参考に載せた

 

「男性向」で多かったタイトルとしては、減少したものの「艦隊これくしょん」がまだトップ、次いで同じく「アイドルマスター」と続きますが、今回はソーシャルゲームの「グランブルーファンタジー」が三番手に入りました。グランブルーファンタジーは3分の2が「男性向」とこちら方面で最近活発なタイトルです。

もっとも、艦これ・アイマス・ラブライブともにジャンルコード「男性向」のサークルは2~3割減となっています。

全文を読む


 
<ネットでの反応>

艦これ圧倒的だな

 

艦コレ全然終わってないだろ圧勝すぎる(´・ω・`)

 

デレステすげー

 

おそ松って同人で出ねぇの?って調べたら 27日におそ松専用の同人イベントあんのね(´・ω・`)

 

グラブルの男性向け率の高さにびっくりしたΣ(゚д゚)

 


 
艦これ人気根強いな

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す