maxresdefault (4)

押井守の幻の初期作品「劇場版 ニルスのふしぎな旅」が劇場公開

 1983年に製作され、若かりし日の押井守監督が演出に参加している「劇場版 ニルスのふしぎな旅」が、北欧文化を紹介する祭典「トーキョーノーザンライツフェスティバル2015」の上映作品として、1月31日から渋谷アップリンクで公開されることが決まった。
 80年からNHKで放送されたテレビアニメをもとに製作されたものの、長らくお蔵入りになっていた幻の作品が、スクリーンに初めてお目見えする。

 原作はスウェーデンの作家セルマ・ラーゲルレーブによる児童文学。大江健三郎氏がノーベル文学賞を受賞した際、スウェーデンの人々と文学に敬意を表し、自身が少年時代に感銘を受けた作品として同作を挙げたことでも知られている。
 妖精の魔法で体を小さくされてしまった少年ニルスが、ハムスターのキャロット、ガチョウのモルテンと一緒に、渡り鳥の故郷ラップランドを目指す旅を描いている。

 テレビシリーズのチーフディレクターは、押井監督が師匠と公言する故鳥海永行氏。
 タツノコプロで「タイムボカンシリーズ」の演出などに携わってきた当時の押井監督は、鳥海監督に続く形でスタジオぴえろへ移籍。「ニルスのふしぎな旅」の演出に参加し、同作で鳥海監督に演出家として育ててもらったと回想している。
 「GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊」で世界に羽ばたいた押井監督の、いわば原点とも言える作品だ。
上映は2月6日まで。

http://eiga.com/news/20150114/8/
nils_large


<この記事への反応>

押井監督といえばお蔵入りだもんなw

 

大江健三郎関係ねえだろw

 

オープニングの田園風景を俯瞰視しながら飛んでいくシーンなんて今のCG技術があれば簡単にできただろうにって思うわ。
まあ逆に、だからこそ素晴らしい絵になっているけどな。

 

あれが代表作だな。
最終回のモルテンの息子がニルスをなじるシーンを押井は一度も超えられなかった。

 

劇場公開はされなかったけど『地元の上映会』レベルでの公開はされててVHSからLD、DVDまで数度に渡ってソフト化されてるし、テレビ放送やネット配信も何度もされてるから『幻の作品』という表現はちょっと違うよな。

 


ニルスのふしぎな旅 DVD-BOX

新品価格
¥27,000から
(2015/1/14 16:41時点)

ニルスのふしぎな旅〈上〉 (福音館古典童話シリーズ 39)

新品価格
¥2,484から
(2015/1/14 16:42時点)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す