SHIROBAKO総集編はもういやだ

アニメ界で危惧される「オワコン化」リスク回避のための制作本数増加が原因か?

アニメ界で危惧される「オワコン化」リスク回避のための制作本数増加が原因か?
 

<記事抜粋>

「今、日本の映画産業に何が起きているのか?」と題したセミナーが27日に文京学院大学で行われ、同大学経営学部の教授で、株式会社白組のコンテンツ・スーパーバイザーを務める公野勉氏が現在の映画・アニメをめぐる状況を解説した。

アニメ業界をめぐる問題点について
「制作会社が1番リスクの高い流通システム」
「オンエア期間の短期化による1クール(3か月)作品の増加」
「制作本数の増加に対応できる大手制作会社が優先して受託」
「定額で受託する会社の増加。結果的にスタッフ数も増加し悪循環」
「声優のギャラの増大による映像制作費の圧縮」「ビデオソフトの売り上げ減」
「原作者・クリエーター・声優の権利増大」
といった例を挙げて、アニメ業界の現状を解説。

公野教授が危惧するのは「アニメ作品のオワコン化」だという。放送中にはどんなに話題を集めたアニメも、制作本数が多いために、放送終了後には視聴者の関心は次のアニメに移ってしまうこともしばしばだ。それによって固定のファンがつかず、マーケットが組成されない現状があるという。

公野教授は、その要因として「作品内容よりも声優人気に依存するケースが増えたため、効果的な集客はオンエア期間のみになってしまう傾向がある」と指摘する。さらに公野教授は、実際に放送されていたアニメ作品のツイッター投稿数を例にとり、「放送終了後の翌々週には、作品タイトルを含めたツイッター投稿数は半減。動きのなくなった作品の余韻に浸るユーザーは少ない」と説明。「原作作品であれば原作人気でブームを保温できるものの、オリジナル作品の場合は放送終了と同時に何か手を打たないとオワコン化する」と付け加えた。

アニメ界で危惧される「オワコン化」リスク回避のための制作本数増加が原因か?

全文を読む


 
<ネットでの反応>

来期が作られればいいけど作られないのも多いからね(においだけさせておいてそのままフェードアウトなんかされた日にはwww)

 

確かに乱立し過ぎというのと、作品よりも声優人気に頼ってるのは感じる。

 

原作者・クリエーター・声優の権利増大が悪いかのような言い方
今まで暴利貪ってたのは誰なんだ?

 

本数多すぎ 1クールしかやらない で 「固定ファン」は きついね (´・ω・`)
おじさん 追いつかないよ

 
 

オワコンもなにも四半期ごとに間に合わせで量産してる今のアニメに一体いくつ名作が産まれるんですかと

 

その点「ラブライブ!」は凄いよなぁ。一期終了の翌年には二期。
そして、二期終了の翌年には劇場版まで作られてこの興行成績なんだから。

 

アニメ終わっても忘れないでずっとファンがいる作品もあるよ
「ラブライブ」「魔法少女まどか☆マギカ」とか
「ガールズ&パンツァー」とか。せまい視点から物を見すぎ。

 

アニメは儲からないと言われて久しいのに数年前より本数が倍増してるという謎現象。※ただし全体の売り上げは横ばい

 


 
ふーん…

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す