SeikenTsukainoWorldBreak01  (11)

『聖剣使いの禁呪詠唱』放送開始イベントで竹達彩奈さん、小倉唯さん、悠木碧さんらがED曲を初披露

1月11日、東京・一ツ橋ホールにて、“TVアニメ『聖剣使いの禁呪詠唱』最強の放送開始記念イベント!”が開催された。

warubure_001_cs1w1_400x

本イベントには、石川界人さん(灰村諸葉役)、竹達彩奈さん(嵐城サツキ役)、悠木碧さん(漆原静乃役)、小倉唯さん(四門摩耶役)、内田真礼さん(百地春鹿役)、小見川千明さん(アンジェラ・ジョンソン役)が登壇した。

アニメ第1話の先行上映やOP・EDテーマソングが披露された本イベント昼の部の模様をお届けしていく。

■着物姿の“petit milady”がOPテーマを披露!

早速、竹達さんと悠木さんのユニット“petit milady”(プチミレディ)が本作のオープニングテーマ『緋ノ糸輪廻ノ GEMINI』を披露してくれた。本楽曲はALI PROJECTプロデュースになるため、独特のメロディが
感じられたのが特徴的だ。

warubure_002_cs1w1_400x

ライブで盛り上がった後は、主人公を演じる石川さんが登壇し、竹達さんとともにMCを務めた。出演者らがそれぞれ、自身が演じるキャラクターをひとしきり紹介し終えると、1月11日25:05よりテレビ東京他で放送される
第1話の先行上映へ。小見川さんの英語の台詞には期待してほしいなど見どころが語られた。

■キャスト陣が“テストの点数で0点とったら?”、“外人に英語で道を聞かれたら?”に答える

先行上映終了後、“ピンチを救え! 救世主(セイバー)は、誰だ~~!”と題したクロストークが展開。
セイバーとは、作中に登場する前世の記憶をもつもののこと。このトークでは、“テストの点数で0点をとったらどうする?”と“外国人に英語で道を尋ねられたら?”という2つのお題に登壇者たちが回答していた。

warubure_003_cs1w1_400x

見事セイバーに輝いた人には賞品が授与されるとのことで、ステージ上はヒートアップ。回答に基づいてMCの石川さんと繰り広げられる小芝居には、会場も大盛り上がり。なかでも、小倉さんの“謝って相談する”という回答には「かわいい!」という声が多く聞こえた。その他、小見川さんはすべて実体験をもとに回答をするなど個性豊かな
答えが飛び出していたのが印象的だった。

結果は、観客の拍手の大きさによって決定するというもので、1番拍手の音が大きかった小倉さんに賞品が受賞された。賞品がお食事券と知った竹達さんが「参加したかった」と残念がる姿も。

■ニコ生が2月16日に配信決定。EDテーマソングも初披露

第2話のダイジェスト映像公開に続き、EDテーマソング『マグナ・イデア』の3月11日発売および、ニコニコ生放送での『聖剣使いの禁呪詠唱』配信決定(2月16日)がアナウンスされ、歓声が鳴り響く場内。その盛り上がりに拍車をかけるように、Fortuna(竹達さん、悠木さん、小倉さん、内田さん)が歌うEDテーマソング『マグナ・イデア』が初披露され、大盛況の中、
イベントは幕を閉じた。

なお、本イベントの模様は3月25日に発売される『聖剣使いの禁呪詠唱』Blu-ray第1巻に収録される。当日に足を運べなかった人は購入を検討してみては?

warubure_004_cs1w1_400xwarubure_005_cs1w1_400xwarubure_006_cs1w1_400x

■放送日時
・テレビ東京 1月11日より毎週日曜日1:05~
・テレビ大阪 1月13日より毎週火曜日2:10~
・テレビ愛知 1月13日より毎週火曜日2:35~
・AT-X 1月14日より毎週水曜日20:00~

※放送日時は変更になる場合がある。

http://dengekionline.com/elem/000/000/987/987879/?mi


<このイベントへの反応>

竹達と悠木は去年から共演がすごく多いよな

 

これ声優陣はいいなあ

 

竹達好きだから見る 
うざかわいい感じがぴったりだと思った

 

監督と構成の人が好きだから観てる(´・ω・`)

 


緋ノ糸輪廻ノGEMINI(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥1,657から
(2015/1/13 09:52時点)

聖剣使いの禁呪詠唱 (1) (カドカワコミックス・エース)

新品価格
¥626から
(2015/1/13 09:52時点)

聖剣使いの禁呪詠唱 Vol.1(Blu-ray Disc)

新品価格
¥7,560から
(2015/1/13 09:53時点)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す