ゼロの使い魔

ラノベ『ゼロの使い魔』が5年ぶり新作!2016年2月25日発売

<ゼロの使い魔>作者死去の人気ラノベが5年ぶり新刊

 
<記事抜粋>

2013年に亡くなったヤマグチノボルさんのライトノベル「ゼロの使い魔」(MF文庫J)の5年ぶりの新作となる21巻が、2016年2月25日に発売されることが明らかになった。ヤマグチさんの残されたプロットを基に別の作者が執筆したが、誰かは明かされていない。

2011年2月に20巻「古深淵(いにしえ)の聖地」が発売された当時、2012年までに22巻を出して完結する予定だった。21巻のカバーイラストには、これまでも同作のイラストを手掛けた兎塚エイジさんの手で、ヒロイン・ルイズの姿が描かれている。

「ゼロの使い魔」21巻のカバーイラスト
「ゼロの使い魔」21巻のカバーイラスト

全文を読む


 
<ネットでの反応>

まさか新作が出るとは・・・はたしてどうなるのか

 

20巻の作者あとがきでは結末まで決まってた感じだったけど、資料として残してあったかどうか。
世界観を壊さないようにしてくれたらいいのだが。

 

ゼロの使い魔ってなんか作者のプロット?が残ってたんじゃなかったか

 

ゼロ使い新刊刊行は完結に向けて遺志が継がれたことに価値があるんだよ。誰が書いたかとかそういうは、割とどうでもいいかなぁ。

 

ゴーストライター方式やな

 


 
これが本当のゴーストライターってやかましいわwww

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す