「亜人」キービジュアル

冬アニメ『亜人』既に10話まで完成している模様!驚異の工程管理で質とスピードを両立のアニメ制作会社「ポリゴン・ピクチュアズ」

ポリゴン・ピクチュアズ:アニメ業界に新風 驚異の工程管理で質とスピードを両立

<記事抜粋>

劣悪な労働環境や慢性的な人材不足が問題となっているアニメ業界だが、徹底した工程管理で成功を収めている制作会社がある。コンピューターグラフィックス(CG)アニメ制作会社「ポリゴン・ピクチュアズ」(東京都港区)だ。

アニメーション制作を手掛けたフルCGテレビアニメ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」と「トランスフォーマー プライム」が米エミー賞を受賞しており、先進的な制作技法に加え、工程管理などビジネススキームが注目されている。

世界で人気の日本のアニメだが、テレビアニメの納品も放送当日になるケースもあるなど、問題を抱えている。だがそんなアニメ業界で「納期に遅れた覚えがない」と言われるのがポリゴン社だ。

同社の制作現場には、ゲーム会社のようにパソコン(PC)がずらりと並ぶ。給料は他業種と差はなく、土日は休みで、徹夜もしない。独自のツールを活用して、1時間の作業遅れを把握する。さらに帰宅した社員の空いたPCを活用し、深夜に映像の生成作業をするなど、効率重視を徹底している。取締役の守屋秀樹さんは「端的に言えば、我々は工業製品的に作っている。他のアニメ会社は、職人的で、その差だと思う」と話す。

ポリゴン社は1983年に設立され、米国での成功でCGアニメ会社の地位を確立した。徹底した工程管理はディズニーやルーカスフィルムなど世界をビジネスの相手にする中で必要とされたものだ。守屋さんは「米国の会社のスケジュールはキッチリしていますし、納期の遅れは損害賠償につながります」と明かす。

現在は日本での活動にも力を入れ、不死の新生物と政府の戦いを描いたアニメ「亜人」を、劇場版(3部作、第1弾は27日公開)とテレビアニメ(来年1月放送開始)で同時展開する予定だが、既に3月に放送するテレビアニメの10話まで完成しているというスピーディーさだ。有料動画配信サービス「ネットフリックス」の世界配信のため、翻訳作業などを見越しているからだという。

亜人01

亜人002

亜人003

全文を読む


 


 


 
これが業界の標準になればいいね

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す