吸血姫 美夕672

『おそ松さん』だけじゃない!過去に放送禁止になったアニメ『吸血姫 美夕』『YAT安心! 宇宙旅行』

『おそ松さん』だけじゃない! 放送禁止・DVD化禁止…あのドラマ、アニメ、映画がタブーになった理由とは

 
<記事抜粋>

10月5日に放送が開始された、赤塚不二夫生誕80周年記念作品『おそ松さん』(テレビ東京系)の第1話と第3話の一部が、来年1月に発売されるBlu-ray/DVDに収録されないと発表され、大変な話題となった。

このように、諸々の事情で放送はされたもののソフト化されなかった、もしくはソフト化どころか放送すらされずお蔵入りになった、アニメ・映画・ドラマ作品というのは、実はけっこう多い。
 
『ウルトラセブン』第12話「遊星より愛をこめて」
この回には、核実験で被爆し血友病に冒された「スペル星人」が登場。身体にケロイド状の火傷跡がある外見もさることながら、「小学二年生」(小学館)1970年11月号付録の怪獣カードでは、このキャラクターのことを「ひばく星人」と表記。
これにより反核団体などから「被爆者に対する差別」であるとして抗議が殺到した。
 
映画『ノストラダムスの大予言』
死の灰の影響により狂人となったニューギニア人が人を食べるシーン、水頭症を連想させる核戦争後の新人類のイメージ、その2つの場面が反核団体より抗議を受ける。
それを受け、東宝は謝罪文を発表したうえ該当シーンを削除して再上演することとなった。
 
『吸血姫 美夕』第2話「次の駅で」
「酒鬼薔薇聖斗」による「神戸児童連続殺傷事件」を受けて、首を切るシーンをカットして放送した。また、それから後の話も、残酷描写を控えるかたちに修正されたという。
この「神戸児童連続殺傷事件」は『吸血姫 美夕』以外にも多くの作品に影響を与える。
2吸血姫美夕 Integral 第2話「次の駅で」
 
『ポケットモンスター』
見ていた子どもたち約700人(そのうち約100人は入院)が点滅映像を見たため病院に運ばれた事件、いわゆる「ポケモンショック」騒動を覚えている方も多いだろう。

ポケットモンスターポケモンショック
 
『YAT安心! 宇宙旅行』
「ポケモンショック」事件が起きる約8カ月前の3月29日、『YAT安心! 宇宙旅行』の放送を見ていた子どもたち20人以上が病院へ運ばれた。原因は、ポケモン同様、作中に登場する数秒間の点滅映像である。
しかし、NHKはこの時点ではしっかりとした調査を行っておらず、映像と事件の関連性も不透明なままであった。
そんな折に「ポケモンショック」騒動が発生。NHKはようやく「アニメーション問題等検討プロジェクト」を立ち上げ、 『YAT安心! 宇宙旅行』の点滅映像の危険性を認識することになる。これにより、件の作品のビデオは回収。該当部分を静止画に差し替えたうえで各販売店に返却している。
『YAT安心! 宇宙旅行』放送時点でしっかりとした検証が行われていれば、「ポケモンショック」は起きなかったかもしれない。

YAT安心! 宇宙旅行25話

 


 
<ネットでの反応>

あの「ひばく星人」はひどかったな。劇中でそんなこと言ってないのに雑誌側でやらかしたんだよね。何かで全編見たけど別に差別的な内容ではなく核の危険性を訴えるようなお話だったのに。

 

最近だと他にはスクイズとひぐらし
実際一番ダメなのはポケモンショックだと思うわ

 

これ参考になるな。美夕がカットされまくったのはよく憶えてる。おそ松さんは笑い話だけど、過去の発禁はあんま笑えないなぁ…。

 

TV版美夕が挙げられててうれC。最初の首はねが元人間のマネキン、2度目は雪女、そして3度目は人間の姿のラスボスとどんどんエスカレートしたのは皮肉な話

 

なぜ『激走戦隊カーレンジャー』のバリンガーZの話がないのだ(放送以前にNGになったから)

 

色々あるもんだなぁ……だが、たこやきマントマンが出てこないあたり甘いwあれほどのピンポイント事例は無いだろw

 

まぁ、世の中には放送目前で待ったが掛かり、お蔵入りor差し替えられたアニメやドラマなんでザラにあるんだがな

 


 
『吸血姫 美夕』で首を切ったのはラヴァ(主人公側)だけどなw

ポケモンショックも『YAT安心! 宇宙旅行』も『吸血姫 美夕』全部1997年だな

懐かしい


 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す