デスノート映画

『デスノート』ハリウッドでリメイク決定!アメリカ大都市を舞台に

日本映画『デスノート』、米国ハリウッド作にリメーク…主人公は誰が?

<記事抜粋>

日本映画『デスノート』がハリウッド映画としてリメークされることになった。

米国芸能メディア「The Hollywood Reporter」は12日(現地時間)、『デスノート』のハリウッド版が制作されると報じた。

俳優ナット・ウルフが出演を確定させ、女優マーガレット・クォーリーが出演を検討中だと伝えた。

ワーナーブラザーズが製作して『ザ・ゲスト』を演出したアダム・ウィンガード監督がメガホンを取る予定だ。

新しく製作される『デスノート』は米国巨大都市を背景に、名前を書けば死に至る超自然的なノートを発見した学生(ナット・ウルフ)と彼を追う警察を描く。映画は来春から撮影に入る。

デスノートリメイク

全文を読む
 


 
<ネットでの反応>

もうやめて

 

ハプニングみたいに陳腐にならないことを祈るわ

 

ハリウッドこそデスノートと死神以外オリジナル設定でやれよな
なんでわざわざ原作準拠なんだよ

 

これは期待出来そう
と思ったら原作準拠かよ意味わかんねえ

 

最近のハリウッドリメイク良いの多いから期待するよ、別物にしてもいいから面白くしてね

 

ハリウッド版デスノートのプロデューサー、ヒーローズのマシオカかよ。期待が高まるわ。

 


 
舞台がアメリカになるだけでも面白そう

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す