SHIROBAKO

「第20回アニメーション神戸賞」個人賞は水島精二監督!作品賞に『SHIROBAKO』『攻殻機動隊 新劇場版』

第20回アニメーション神戸賞 受賞者・受賞作品

 
<記事抜粋>

個人賞 | 水島 精二 (監督)

水島 精二

水島精二監督が手掛けるアニメーション作品において、常に指向されていたのは「イノベーション(革新)」ではないでしょうか。昨年11月公開の『楽園追放 -Expelled From Paradise-』はフルCGアニメーション。メカアクションはもちろん、主人公・アンジェラが持つ実直な可憐さは、逆にフルCGでなければ描けないほど精緻な“革新技術”でした。とにかくアンジェラはかっこよくて、かわいかった……。2015年夏放送の『うーさーのその日暮らし 夢幻編』12話では、謎の黄色い動物“うーさー”の魅力を、紙を使わない完全デジタル作画で顕在化させていました。新しいことをする――しかもそれをアニメーション制作において実行するのは並大抵の決意ではできません。水島監督は『鋼の錬金術師』『機動戦士ガンダム00』の制作時より、頻繁に作品関連イベントに足を運び、アニメファンとの“対話”を経て、新しい価値を創出する努力をされていたように思います。まさしく、水島精二という人物はアニメ界の“イノベイター”であると言えるでしょう。

特別賞 | 安彦 良和 (漫画家、アニメーター、アニメ監督)

安彦 良和

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」で安彦良和氏が25年ぶりにアニメに復帰されたことは、本年度のアニメーション業界における大きな感動だった。「機動戦士ガンダム」などの作品で安彦氏がアニメーターとして創り出したものは、現在の日本のアニメに深く血として流れているからだ。アニメの底知れない魅力に気づいた少年少女たちが、食い入るようにテレビ画面に見入るようになったのは、「機動戦士ガンダム」が本格的な始まりだったのではないだろうかと、いま改めて思う。その後、アニメ業界を離れた安彦氏は、漫画家として数々の名作を生み出していくことになるが、アニメファンたちが「アニメーター安彦良和」を忘れることはその間もいっさいなかったと思う。アニメーション神戸の20回目という節目の年に、安彦良和氏がアニメの現場に帰ってこられたことに、改めて感謝の気持ちを特別賞という形で送らせていただきたい。

作品賞 | SHIROBAKO

SHIROBAKO

「SHIROBAKO」はともすれば作り手の内輪受けになってしまいそうなテーマですが、作品の世界観、キャラクターの設定などが今のアニメーション業界だけでなく、今の時代や視聴者の空気ともリンクしていて、働くということについても、普遍性のあるエンターテイメントに仕上がっていたからこそ、これだけの人気となったのだと思われます。またアニメーション制作の流れを丁寧に描きこむことで、アニメ業界への憧れをもつ若い人たちにもとても興味深い作品になっていました。考えてみると「SHIROBAKO」のようなテーマは、人気が出たからといって後追いをしようにも、あきらかに真似になってしまうので、そういった意味でも今後しばらくは唯一無二の作品として語り継がれていくのではないでしょうか。ストーリーの想像はつかないですが劇場版も見てみたいです!

作品賞 | 攻殻機動隊 新劇場版

攻殻機動隊 新劇場版

アニメーション神戸賞は今回で20回目をむかえ、攻殻機動隊の作品をはじめ、これまで様々なアニメーションを表彰してきましたが、本作品においては神戸市役所内でのバーチャルな公安9課の設立やWEBコンテンツの作成など、神戸との連携によって多様なプロモーションが展開されており、震災後、神戸の地からアニメーション文化を発信することを目指して始まったアニメーション神戸の目的をまさに遂行する、アニメーション神戸賞としてふさわしい作品といえると考えます。公安9課が結束していく姿やかっこいいアクションをわくわくしながら見させていただきました。今後も、このようなすばらしい作品が神戸で展開されることを期待したいと思います。

主題歌賞 (ラジオ関西賞) | 「ジョジョ その血の記憶~end of THE WORLD~」

ジョジョ その血の記憶~end of THE WORLD~

百花繚乱のアニメ主題歌。そのアニメの為の歌でなければ、と言っていたのは今は昔。その上でファンの心に残るとなると、随分ハードルが高いものになってきました。ジョジョの奇妙な冒険の主題歌は、第一作から大河ドラマにふさわしい重厚さでファンの心をつかみ、物語と共に進化してきたように思います。ドラマに絡んだ仕掛けなど、今の主題歌の理想形ではないでしょうか。アニメを思いながら歌い上げる、原点でもある素晴らしい主題歌です。

全文を読む

 


 
<ネットでの反応>

納得のラインナップだ

 

水島精二監督がSHIROBAKO作ったみたいになってるなw(ともに受賞)

 

念願の個人賞w
欲しいっていってたもんなwねだったかいあったなw

 

水島監督が個人賞受賞でわーいっって喜んでたら。
主題歌賞は「ジョジョ その血の記憶~end of THE WORLD~」じゃないかっ! 最初はかなりアレな評価だったけど、あの9秒は凄かったものね。

 

これは次回作でぷるんぷるんしちゃうフラグですわw

 

<過去の受賞作品>
第1回新世紀エヴァンゲリオン
第2回少女革命ウテナ
第3回カウボーイビバップ
第4回∀ガンダム
第5回無限のリヴァイアス
第6回機動天使エンジェリックレイヤー
第7回ラーゼフォン
第8回機動戦士ガンダムSEED
第9回鋼の錬金術師
第10回巌窟王
第11回涼宮ハルヒの憂鬱
第12回コードギアス 反逆のルルーシュ
第13回コードギアス 反逆のルルーシュ R2
第14回東のエデン
第15回けいおん!!
第16回魔法少女まどか☆マギカ
第17回ゆるゆり
第18回進撃の巨人
第19回ラブライブ!/劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語

 


今回は水島兄弟の回ですね

おめでとうございます。


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す