同人誌

TPP著作権侵害、同人誌など2次創作は非親告罪化の対象外へ

2次創作は非親告罪化の対象外に 文化審議会の小委員会、方向性まとまる 

 
<記事要約>

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)で著作権侵害の一部を非親告罪とすることで合意したのを受け、文部科学相の諮問機関・文化審議会 著作権分科会の小委員会は11月4日、同人誌などに代表される2次創作は非親告罪化に含めない方向で議論を進めることでまとまった。

映画や音楽CDの違法コピーによる海賊版以外に非親告罪化を含めることに対し、日本音楽著作権協会(JASRAC)など権利者団体を含め慎重な意見が相次いだため。

小委員会に出席したコミックマーケット準備会の意見の一部
小委員会に出席したコミックマーケット準備会の意見の一部

全文を読む


 
<ネットでの反応>

TPPは残念だったけど審議会の議論で変な方向には行かなかったようでひとまずは安心。とはいえ、今後の展開だよな。

 

努力と理解が実った形。公式に認められたのではなく、創造育成の場として重要と理解されたと思いたい。ものすごく大きいことと思う。

 

ええぞ。というか同人と無関係であろう分野でも擁護が相次いでることはほんと、クリエイターに対する業界の良心を感じる。

 

赤松先生をはじめ多数の関係者お疲れ様でした!ひとまずコミケ中止、みたいな事は避けられた!
関係者には感謝してもしきれないな!

 

コミケ存続決定!!!!

 

赤松本当に頑張った。と同時に同人においても政治的根回しの重要さは間違いないと証明されたと思う。

 

刑事で捕まらないと言うだけで民事では訴えられる可能性があると言うのを理解しとかないとな

 


 
とりあえず一安心だな

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す