30036321

注目アニメ紹介 : 「暗殺教室」 “殺せんせー”と生徒の学園生活描いたジャンプ人気作

週刊少年ジャンプ(集英社)に連載中の松井優征さんの人気マンガをアニメ化した「暗殺教室」が9日深夜から順次、スタートする。
地球の破壊を宣言した超生物の“先生”と、その暗殺を狙う生徒達との奇妙な交流が描かれる。

ある日、月が破壊されて7割方が蒸発し、永遠に三日月となってしまった。その犯人と称し、来年3月には地球も爆破するという超生物が希望したのは、なぜか椚ヶ丘中学校3年E組の担任教師に就任することだった。
人知を超えた能力を持ち、軍隊でも殺せない謎の生物の暗殺を、各国の首脳はやむなくそのクラスの生徒達に依頼する。「エンドのE組」と言われた落ちこぼれの生徒達は、成功報酬100億円のために暗殺を目指すのだった。

どうしても殺せない先生についた愛称が「殺せんせー」(ころせんせー)。生徒は授業中でも殺せんせーに銃を向けるが、マッハ20もの超スピードで軽くあしらわれる。
そんな異常な状況の中、殺せんせーは生徒一人ひとりの性格や能力に応じた“手入れ”を行い、E組の生徒達は徐々に成長していく。一方で、殺せんせー抹殺を図るプロの暗殺者も次々と現れ、緊迫しながらも楽しげな学園生活が描かれる。

殺せんせーは「コードギアス 反逆のルルーシュ」の福山潤さん、潮田渚は「蒼き鋼のアルペジオ」の渕上舞さん。
アニメーション制作は「ダンガンロンパ」や「機巧少女は傷つかない」のLercheが担当する。放送はフジテレビ、関西テレビほか。
001 (3)

アニメ「暗殺教室」のビジュアル(C)松井優征/集英社・アニメ「暗殺教室」製作委員会


http://mantan-web.jp/2015/01/08/20150108dog00m200016000c.html


<この記事への反応>

アホな設定だが面白そう

 

血筋・覚醒 ばっかりなバトル漫画ばっかりになったいまどきジャンプの漫画じゃあ珍しく
努力友情勝利 をちゃんとしてるんだよな何気に

 

ジャンプ漫画の例に漏れずどいつもこいつも超人ばっか。
あんなにホイホイ知識や技能が身に付くなら誰も苦労しないよ。

 

ぶっそうな名前だなぁー、小学生がジャンプ読んで暗殺とか言ってるのか?
よくPTAが何も言わないもんだ。

 

観たいけど、Gレコと被るんだよな…

 

渚ちゃんぺろぺろぺーろ

 


暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)

新品価格
¥432から
(2015/1/9 08:49時点)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す