GANGSTA

アニメ制作会社「マングローブ」倒産確定! 負債額は少なくとも3億5千万円!公開直前『虐殺器官』は全く見通しが立たず !

アニメスタジオのマングローブが破産手続きを開始

<記事要約>

アニメーション制作の中堅スタジオであるマングローブが、2015年9月29日より破産手続きに入ったことが分かった。

同社は債務超過状態が続いており、このため債務整理の在り方を検討していた。しかし、事業の継続が困難であるとの結果に至り破産手続きをすすめることになった。今後、裁判所に破産手続きを申し立てる。

2004年の『サムライチャンプルー』、2006年の『Ergo Proxy』、2008年の『ミチコとハッチン』、「神のみぞ知るセカイ」シリーズ、「ハヤテのごとく!」などを制作。
2015年7月から9月に放送された『GANGSTA.』も制作するなど、破産手続き開始までアニメーション制作を続けている。

これらの作品の多くは、製作委員会が出資母体となっていることから、今後のビジネス継続に大きな影響はないとみられる。

一方で、現在アニメーション制作を続ける劇場映画『虐殺器官』の今後が課題となりそうだ。

本作は劇場映画3部作となる「Project Ito」の第2弾として、2015年11月13日に公開する予定だ。いずれかのアニメーション制作会社が制作現場を引き継ぐのが現実的だが、スケジュールの調整を要しそうだ。

マングローブ倒産確定

全文を読む


 

負債額、少なくとも3億5千万円

<記事要約>

ピーク時には10億円以上の売上をあげていたが、制作費の負担などが経営を圧迫し、資金繰りが悪化していたといいます。

破産手続きを進めている弁護士事務所によると、負債額は少なくとも3億5千万円。今後、負債はさらに膨らむ模様です。

弁護士事務所は、「虐殺器官」など、同社が制作段階にあった作品の今後について「まったく見通しが立っていない」と説明しています

全文を読む


 
<ネットでの反応>

ええっ!?
「虐殺器官」など制作段階の作品の今後は「まったく見通しが立っていない」
ま・じ・で・す・か!?

 

一ヶ月ちょい前で見通しが立ってないとかいうのは普通なのか……

 

数年前ご近所だったけど、毎晩ずーっと電気ついてたなぁ。虐殺器官は公開できるのか…?

 

どうでもいいけどギャングスタの最終回なんやあれ

 

なるほど。ギャングスタの終盤のイロイロがこれで腑に落ちた。

 


 

倒産確定か・・・

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す