BD版ISUCABlu-ray

『ISUCA』などで知られる「KADOKAWA」が組織再編 「角川書店」と「富士見書房」消滅へ

KADOKAWAが組織再編 伝統の「角川書店」消滅

 

KADOKAWA(角川)は社内カンパニー制を廃止し、ジャンル別に新設した局に移行する組織再編に踏み切った。希望退職者を募集しながら重複する編集機能を集約し、人員の効率化をはかる。「角川新書」などのブランド名は残すが、組織名からは創業以来続いた「角川書店」の名称も消えた。

ジャンル別の編集・製作機能を持つ新組織をこのほど立ち上げた。雑誌作りの「マガジンブランド局」などの局を新設。社内カンパニーが抱えていた編集者を振り分けた。社内カンパニーはすべて解体し、70年続く名門出版「角川書店」、ライトノベル分野で根強いファンを持つ「富士見書房」などの組織名が消えた。

同社が社内カンパニー制を敷いたのは2013年10月。角川書店など子会社9社を吸収し、社内に8つの「ブランドカンパニー」を持った。各カンパニーが独立採算と独自の編集方針で収益を改善することを目指した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO85739190W5A410C1TJ1000/

KADOKAWA


 
<ネットでの反応>

代表作:ISUCA

 

メディアワークスも富士見もMFも消えるのか
まあしょうがないね

 

角川グループも全部消えれば良いのにね

 

アニメ沢山関わったり手広くやってるように見えるけど
実は火の車って既視感あるな

 

浜村だけ上手く逃げてるな

 

カンパニーとしての角川が消えるだけで
ブランドとしての角川は残るから
消費者視点だと何も変わらないでしょ?

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す