任天堂とDeNA

任天堂とDeNAが資本・業務提携!スマホゲーム資本業務提携会見の詳報

<記事一部抜粋>

両社は今後、グローバル市場を対象にスマートデバイス向けのゲームアプリを共同で開発・運営していく。

――タイトルはいつ出て、どちらがビジネスの主体になるのか。
岩田:個々のタイトルの準備ができた段階で発表する。
守安:多くの場合はフロントサイドを任天堂に作ってもらって、バックヤードをDeNAがやる。個々のタイトルによって役割が変わってくる。

――射幸心をあおっているという指摘もある「ガチャ」について、どう考えるのか。
岩田:任天堂のIP(知的財産)を活用する場合、両社合意のうえでやっていく。アイテム課金のすべてを否定するつもりはない。ただ、世の中でこれはビジネスとして行き過ぎではないか、といわれている方法について、任天堂のIPが使われるのは望んでいない。

岩田:新しいゲーム専用機「NX」は、今回の提携と直接の関係はない。

全文を読む


<ネットでの反応>

単独ではネットゲームに参入できなかった…

 

マスターソードを課金で購入するようなゼルダにならないようしっかり頼む。

 

テレビで最近、コンシューマーゲームのCMは殆ど見当たらないのに、ソーシャルゲームCM出稿量は半端ない。 任天堂はソーシャル系ゲームに否定的だったが時代の流れか大きな決断の舵を切ったなあ。

 

“プラットフォーム”とか “時代”とか なんとかではなく・・・ ユーザーファースト “価値満足の継続”なんだと思います。

 

やっぱりそうなるよねぇ。 家庭用ゲーム機とか使ってないもん。

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す