『この世界の片隅に』作品概要

劇場用アニメ映画『この世界の片隅に』がクラウドファンディングで制作支援金を募集!→約1日で450万も集まる


 
■このクラウドファンディングの主旨
劇場用アニメ映画『この世界の片隅に』の公開実現に向けて応援してくださる「制作支援メンバー」を募集しています。この映画は、準備作業に4年を費やし、シナリオ・絵コンテが完成したところまで辿り着きました。集まった資金は、作品をこの先のステップに進めていくためのスタッフの確保や、パイロットフィルムの制作に使わせてください。片渕須直監督が、こうの史代の愛した主人公すずさんに命を吹き込みます。
すずさんの生きた世界を一緒にスクリーンで体験しましょう。

■『この世界の片隅に』あらすじ
すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。
そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

ご注意
■「制作支援メンバー」のご参加には、下記のリスクがあります。あらかじめご確認のうえ、ご参加をお願いいたします。
制作支援金はいかなる場合も返金できません。
万が一、制作が途中で中止になった場合も返金できません。

本文を読む


 
<ネットでの反応>

>万が一、制作が途中で中止になった場合も返金できません
ワロタwwwww

 

新手の詐欺かなwwwww

 

準備作業に4年も費やして万策尽きたのかよ

 

この300人は本当にアホだな(褒め言葉

 

なおもう450万たまった模様

 

30万だしてる金持ちが1人いて草

 

1日で450万だし後2ヵ月半なら2000万いきそうだけど

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す