Gのレコンギスタ

『Gレコ』富野監督「皆さんからの袋叩きはすべて受け入れます」「アイーダはカーヒルと寝たと思い込んでいました」

月刊アニメージュ2015年4月号
「ガンダム Gのレコンギスタ」総監督・富野由悠季 1万字インタビュー 一部

――しっかり考察すると、面白い筋立てだと思いますよ。
 でも、表面に見えるところとしては……あまり視聴者に易しくないですね。
富野:ええ、徹底的に易しくない作品です。本当はもっと、キャラクターに感情移入できない
といけないのに、一話一話で語るべきことが多すぎて、感情を描写している隙間がなかったんです。
構造で言えば面白いはずなのに、なんで観ていてこんなに面白くないのか、ということですよね。
本当に申し訳ないです。でも、ようやく1月半ばに、最終話までの絵コンテが完成して、
僕もダビング作業(映像に台詞、効果音、音楽などをつける作業に)に付き合う余裕が出てきました。
そこで、かなり調整をかけることができました。
録音スタッフも、これまで、こういう方法論の作品に携わったことがなかったんでしょう。
第12話くらいから年末年始あたりは「G-レコ」がとっちらかった作品に見えていたと思います。
でも、第22話くらいからはハッキリと化けると思います。

――それは楽しみです。

富野:とはいえ、作品の骨格は何も変わっていません。
「このアニメ、ダメだね」という評価に関しては、ぐぅの音も出ません。
皆さんからの袋叩きはすべて受け入れます。
でも、「こうやれば、もっと上手く出来たんだ!」ということも
ここへきてようやく確信できましたので、ズケズケ言っていただいて構いません。

 
<ネットでの反応>

何だかなあ・・・
今まで擁護してきた人たちもガッカリだろコレじゃ

 

富野って初代ガンダムとダイターン3以外は大体自虐してるじゃん
55da3c1b-s

 

富野が自分の作品けなすのはいつものことじゃんww
普段富野の発言をあげつらってる奴らが
こういう時だけはその発言を金科玉条のように受け取るのがマジきもい

 

単なる謙遜・自虐だと思うが。

 

個人的にはキャラがとっちらかってたのは面白かったけどなw
ただやっぱジット団とかは出てくるの遅かったかな

 

富野:もっと問題なのはアイーダかな。
 なんでこうまでフヌケなダメ姫になったのか……。やっぱり作りが甘いんですよね。
 僕の中で、根本的なヒロイン像を持ちえなかったという問題があるような気がするんです。
 昨日、録音スタッフと言い合ったことがあるんです。
僕がアイーダに対して単純に思い込んでいたことについて、
みんなから「富野さん、そんなふうに思っていたんですか?
だからアイーダはこんなにキャラクターが沈んだんですね」と言われて。
それは何かというと「アイーダがカーヒルと寝たか寝ないか」って話なんです。

僕は、アイーダはカーヒルと寝たと思い込んでいました。
17~18歳の女の子が大人の男とやったって、別にどうってことないでしょう?
でも、スタッフみんなから「寝てない!」って全否定されてしまって。

つまり、僕は「カーヒルと寝てしまったアイーダ」に興味を失っていたんだということが、ここへきて分かりました。
僕はそもそも、アイーダを弾ませる気がなかったんだなと。
一番意識を持つべきキャラクターが弾まなかったのは、そのせいだったんです。

 

富野じいちゃんと若いスタッフが
ヒロインが寝た寝ないで議論しているところを想像して
Genki出た!

 

アイーダが処女か否かを溶岩運び競争で決めよう

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す