攻殻S.A.C

米国カートゥーンネットワークが日本アニメ枠縮小「カウボーイビバップ」「攻殻S.A.C」「進撃の巨人」が終了

米国の大手アニメーションチャネルのカートゥーンネットワークは、日本アニメを集中放送していたアダルトスイム(ADULT SWIM)「TOONAMI」枠を2月7日より大幅に縮小した。

もともと23時半からの30分は、2014年1月に『スペース☆ダンディ』放送開始の際に拡大され、その後『進撃の巨人』が引き継いだが、これがもとの24時スタートに戻された。

一方、アダルトスイムは27時半以降の時間については、遅い時間帯の放送は視聴率が落ちているためとする。

アダルトスイムの日曜日朝未明は、旧作の再放送が多い時間帯である。この結果『カウボーイビバップ』HD版、『攻殻機動隊 S.A.C』『IGPX』などの放送が終了となった。
なかでも『カウボーイビバップ』と『攻殻機動隊 S.A.C』の終了は、米国在住の往年のアニメファンには感慨深いものだろう。

一方、枠の残った作品からは、アダルトスイムの現在の日本アニメの戦略が垣間見られる。
放送作品は『ドラゴンボールZ改』、『キルラキル』『NARUTO 疾風伝』『犬夜叉 完結編』『天元突破グランラガン』『ワンピース』『デッドマン・ワンダーランド』だ。また『ソードアート・オンラインII』の放送も発表されている。

全文を読む


<ネットでの反応>

もうその辺の再放送はいい加減飽きたろ

 

日本アニメ縮小したら気持ち悪いアメリカのトゥーンだけになるじゃん
日本の子供はあのアメリカンな絵柄受け付けてんのかね

 

なんだかんだアメリカにウケてるのはアクション系、バイオレンス系なんだよな
頭カラッポのアメリカ人の方がアメリカンドリーム詰め込める

 

まーテロがテーマの「攻殻S.A.C」はしゃーないかな

 

一昔前だとマニア向けはSFが多かったから北米でもウケたんだろうけど、今や萌えばかり。
ヤマトですら円盤売る為に美少女キャラを増やしたくらいだしな。

 

ネットで見てるもんな

 


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す