らきすた聖地鷺宮神社

長く愛される”聖地”には『ややさびれた観光地』という共通の特徴がある

アニメ聖地、巡礼きっかけに移住まで 愛され続ける理由

<記事要約>

「聖地巡礼」の著書がある元アニメ雑誌編集者の柿崎俊道さん(39)は、長く愛される聖地には共通の特徴があるという。「誤解を恐れずに言えば、『ややさびれた観光地』という表現がぴったりです」

久喜市は古くからの門前町。大洗町も、大町市もサーフィンや登山客を受け入れてきた。住民は街が再びにぎやかになることがうれしいから、ファンを歓迎する。土産店や宿泊施設といった施設がそろっているのも強みだという。

柿崎さんは「ファンの側も『聖地に行ってみなきゃ』という義務感から始まった巡礼で人の温かさに触れ、何度も通うようになり、交流が広がっている」と分析する。

20150226010240f1d

全文を読む

 


<ネットでの反応>

54歳w

 

ガルパン飽きたらこの人はまた移住するのかな?

 

一般人はタイトルだけでどんな作品か分からんだろうな・・・

 

聖地商法やるなら日常系でやれよ
ロボとかでやっちゃいかん

 

長く愛されたいならまずそのアニメが面白くないと

 


Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す