進撃の巨人

ポニーキャニオンとバップが第3四半期で減収赤字に 今期は進撃やワンピZ大型ヒットがなかった

ポニーキャニオンとバップが第3四半期で減収赤字に 製作出資の増加も影響

<記事要約>

両社とも音楽、映画、テレビドラマ、アニメのCD・DVDを手掛けておりアニメではポニーキャニオンは『進撃の巨人』バップは『HUNTER×HUNTER』などの人気作がある。

ポニーキャニオンについては、アニメの影響を大きそうだ。フジメディアHDは、ポニーキャニオンは前期には『進撃の巨人』や『ONE PIECE FILM Z』などの大型ヒット作があったが、今期はそれに相当する作品がなかった。

一方、費用面では映像作品の製作出資により原価率が上昇している。

全文を読む


<この記事への反応>

ポニーキャニオン1億の赤字
バップ13億の赤字
サトタツがメーカーが手がける作品絞ってるといってたわけだ こんなに赤字出してたら

 

進撃あっても赤字か
バップは日テレアニメ大丈夫か

 

ぽにきゃの赤字ってグラs

 

バップ昨年だとこの辺か
ばらかもん・人生・ガルフレ・オオカミ少女・曇天・寄生獣・愛天地無用

 

寄生獣あたりは制作費とは別に版権代が高そうだな

 


Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す