デレマス05 (27)

【アニメ】「アイドルマスターシンデレラガールズ」噂の武内P誕生秘話 声優起用の裏側も…石原章弘ディレクターに聞く

<記事抜粋>

−−アニメに登場するプロデューサーが話題です。キャラクター作りで気をつけた点や、モデルなどの設定があれば教えてください。

 アニメを企画している際、高雄統子監督とアニプレックスの鳥羽洋典プロデューサーと打ち合わせをしている中で、高雄監督にアニメのイメージボードを数点描いていただきました。その中に、いまのプロデューサーの原形があったのですが、初めて見た時は「こうくるんだ!?」と驚きました。

 最初は、今よりさらに大男な感じで“美女と野獣”というイメージがより強かったのですが(笑い)さすがに冒険しすぎかも?と迷ったりもして、シナリオを詰めていく中で何度かデザインを作っていただきました。しかし最終的には、高雄監督の元デザインに近い形で落ち着きました。彼は背が高いので、女の子と話す時に少しうつむいて、女の子と話します。僕は、そのレイアウトが「シンデレラガールズ」の世界観をうまく表していると思うんです。輝く舞台に立ちたい女の子を見守る世界観。プロデューサーの優しい目線が作品全体を表していて、彼はある意味、今回のお話の骨子となる人物の一人ですね。

 コミュニケーションは苦手という設定ですが、そんな彼を、ぜひ優しい目線で見守ってもらえればと思います。オーディションでは最初イメージしたような声の方がなかなか見つからず、早く決めてくれという周囲の空気を無視して(笑い)何回かやり直していたのですが、最終的には初々しさ、優しさ、落ち着きを併せ持つ、武内駿輔くんに巡り合いました。

 オーディションの最中に武内くんは「17歳なんです」と聞いて、エンジニアの人に「いや、さすがにそれはないでしょ〜」と話していたのですが、本当に17歳だったので、本気で驚きました。でも「プロデューサーはこれでいけるな」とも確信しました。お芝居に関しては、高雄監督も音響監督も石原も妥協しないので、アフレコのたびに彼には大変な苦労をかけていますが、見事期待に応えてくれています。

アイドルマスターシンデレラガールズ03 (4)

 

全文を読む


<この記事への反応>

えーあのPの声が17歳?

 

17歳とは思えない低音でいい声してるよなあ

 

17歳でこれだからな、今一番有望な若手だわ

 

17歳でこれなのか、これから期待大だね

 

17歳っていうと田村ゆかりと同い年か

 

しかも事務所大手なんだろ?
当分主演安泰だな

 

声優界にはいろんな17歳がいるんだなぁ

 

お前のような17歳がいるか!

 


Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す