騙す騙したな

僕たちゲーマーを期待させるためにクソゲーを『約束された神ゲー』だのとハッタリかますゲーム業界って一体なんなの?バカにしないでよ!

ゲーム開発者が口にした史上最大のハッタリー8選

ゲーマーに大きな期待を持ってもらうため、開発者は守れもしない約束をすることがあります。そんな「ゲーム開発者やパブリッシャーが口にした史上最大のハッタリ」を海外サイトGamingBoltがまとめていたので紹介します。

・PS3では120fps動作が可能だと、久夛良木健氏が発言。しかし出てきたタイトルは60fpsもままならないものばかりでした。一方、ビルゲイツ氏は初代Xboxのグラフィックスについて、「『トイストーリー2』レベルのディテールに近い」と表現していました。

・『FF13』ではPS3版とXbox360版のどちらが画質が上か、大きな議論の的に。スクエニは双方のスクリーンショットを公開したのですが、実は両方とも同じ画像を使っていたことが判明。謝罪に至りました。

<中略>

・Ubisoftは、『アサシンクリード』が水準以下の出来となった場合は延期すると約束。しかし『アサシンクリード ユニティ』はバクだらけでの発売となります。

・『ウォッチドッグス』・『キルゾーン2』・『ダークソウル2』の製品版グラフィックスが大幅劣化。『デッドライジング3』はPC版は絶対に出ないとカプコンが明言したにも関わらず、PC版が発売されます。また『フェイブル』では、当初謳われていた機能が削除されました。

・XboxOneはどれも開発キットになると言われていましたが、発売後にそうでないことが判明しま。またDRMをベースに設計したものであるので、それを取り外すことは出来ないとXbox幹部。しかしゲーマーからの抗議を受け、常時オンライン接続などの撤廃に繋がります。

以下、全文を読む(海外サイト)


<この記事への反応>

あと『キルゾーン シャドーフォール』のマルチが1080pじゃなかった、ってのも追加な。訴訟に発展してるし

 

本当ソニーの1080p/60fpsこそ最大のはったりだわwwwwww

 

そうそう、30fpsと画面上下の黒帯をつけて「映画的」って宣伝してるしなwwww

 

まさに今ゼノブサイクワロスでやってることだな

 

クソゲーですって発売するバカいるわけねえだろ

 


Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す